お手入れのアドバイス|クロコダイルの美しき世界観をSaeko Tsugayaのフィルターを通して皆様に提案するシルバーアクセサリーブランド【Lady Dile】

  1. トップページ
  2. お手入れのアドバイス

How toお手入れの仕方

シルバーは日々の手入れがたいへんだとあなたもどこかで聞いたことはないだろうか?
こちらではポイントを押さえてケアを実践することでより長くシルバージュエリーを愛用できる方法を紹介。

シルバーが黒ずんでしまったらどうすればいい?

シルバー素材ならではの風合いを作るために【燻し】にてジュエリーを黒くすることはありますが、長い間放置したままにしてジュエリーが黒ずんでしまった場合、クリーム状になっている貴金属専用の研磨剤を使用してください。黒ずんだ部分に塗布し、少し時間を置いた後に軽く磨きます。磨く際には繊維の硬い布ではなく柔らかい布を選びましょう。磨き終わったら中性洗剤でよく洗い乾燥した布で拭きあげて下さい。

シルバーの毎日の簡単なお手入れ方法は?

柔らかい布に研磨剤を染み込ませた貴金属専用のお手入れ用クロスが気軽でおすすめです。ジュエリーの使用後に拭いてください。

汚れとくもりを取り除くほか、黒ずんでいくのを予防します。

シルバーの保管はどうすればいい?

シルバー用品全般は空気中の硫黄成分などに反応をしてどんどん黒ずんでいきます。ジュエリー使用後は、空気に触れないように付属の巾着か専用箱での保管をおすすめします。それらがない場合には口が密封できる袋などに入れて保管するといいでしょう。またジュエリー同士が傷をつけないようにひとつづつ布で包むか、小分けして保管するようにしましょう。

液体のクリーナーはどう使うの?

燻し加工がないチェーンなどに適しています。液体にそのまま数秒間浸してからピンセットで取り出し中性洗剤で洗ってください。夏など季節によっては皮脂や汗によりジュエリーも汚れがちです。簡単にお手入れすることができるアイテムなのでとても便利です。ですが宝石を使用したジュエリーには控えてください。その場合には綿棒に液体を染み込ませて宝石を避けて周りを磨き上げます。

専用クロスなどを使用してはいけないシルバージュエリーもある?

専用クロスや貴金属磨き(ペーストタイプ)などの一般的なケア方法が適さないシルバージュエリーが一部あります。それらはメッキをかけたジュエリー、梨地仕上げ(艶消し加工)のアイテムです。こちらには研磨剤(削ることにより輝きを増す)がはいっていないセーム革などの優しい素材でお手入れをして下さい。